無職でもお金を借りることはできる?おすすめの方法を詳しく紹介!

私は、いろいろな不運が重なって無職になっていた時期があります。

 

悪いことは重なるもので、急な出費が必要になる案件も続き、
僅かな貯金も底をついてしまいました。

 

一般的に無職だと消費者金融ではお金を借りることはできないと言われています。
私もダメ元で申し込んでみましたが、
大手消費者金融は定職に就いていないことを理由に断られてしまいました。

 

やはり、大手消費者金融に融資を受けられる条件は、
定職について定期的な収入があることなんですね。
中小の消費者金融も無職には厳しかったです。

 

審査が緩いと言われているところでも、全て断られてしまいました。

 

お金を借りるならカードキャッシング!銀行系よりも消費者金融がおすすめ!

お金を借りるなら銀行系のカードローンと考えている人も多いかもしれません。
銀行系だと身近だし、口座を持っていると作りやすいからです。

 

私も最初はそう思って銀行系のカードローンを利用するつもりでした。

 

しかし、銀行系のカードローンを利用できるのは、信用情報に問題がない人です。
また、お金を借りるのが初めてという人にも向いていると思います。

 

私は信用情報に自信がありませんでしたし、
お金を借りるのも初めてではありませんでした。

 

 

そんな事情がある私には銀行は冷たかったです。
別に悪意のある態度を取られたわけではありませんが、
冷静に審査で落とされました。

 

審査に落ちた理由も説明されませんでしたし、
どうすれば審査に通るという説明も受けられませんでした。

 

いつも使っている銀行なので機械的な対応に残念な気持ちを持ったのを覚えています。
もう少し審査に受かるように説明してくれても良いんじゃないかなと考えてしまったのです。

 

 

銀行のカードローンで審査に落ちた私は消費者金融の審査を受けることにしました。
どの消費者金融が良いのか分からなかったので、
融資無料期間がある大手消費者金融を選び、審査の申し込みをしました。

 

申し込んですぐに電話で連絡をもらい、予備審査には合格したと言われたのです。

 

ただ、本審査に合格するためには私の年収が問題になると言われました。
年収を証明するものが不足しているので、
用意してほしいと言われて集めました。

 

その画像を送ると、証明できる年収では希望の融資金額は融資できないと教えてもらったのです。

 

そのときに私が銀行で落ちた理由が分かりました。
希望融資金額が高すぎたのです。

 

しかし、銀行側はその点を指摘することなく、不合格通知を送ってきました。
消費者金融は教えてくれるだけで優しかったです。

 

希望金額を減らして再度審査に申し込むと、合格通知をもらうことができました。
消費者金融に申し込んでいなかったらお金は借りられなかったかもしれません。
親切に教えてくれるオペレーターの人がいる消費者金融の方がお金は借りやすいです。