学生がお金を借りるなら学生ローンに申し込みすれば間違いありません

大学生のころに大手消費者金融のカードローンに申し込みしたことがありますが、
学生という理由で断られてしまいました。

 

20歳以上で定期的収入のある人が融資対象になっており、
学生ながらバイトをしていたので該当していると感じていましたが、
社会人でなければ不可というのが現実のようですね。

 

ただすべての消費者金融が不可というわけではなく、
学生に対応している会社もありました。

 

インターネットで学生に対応したローンについて調べたところ、
学生専用ローンが多数出てきたのです。

 

これらは20歳以上で収入のある学生であれば借りられるという条件でした。
実質年率に関しては18~20%くらいに設定されているところが多く、
社会人向けのローンよりやや高い感じです。

 

 

 

お金を借りるなら利息は少なく抑えたいと考えていたので、
複数の学生ローンを比較して一番低金利のところに申し込みしました。

 

実質年率は17.5%に設定されており、
さらにお金がないときは利息の支払いをすれば翌月にジャンプできるという点が気に入ったのです。

 

学生ローンは10万円以内で申し込みすれば審査に通過しやすいと噂で聞いたことがあるので、
10万円で申し込みしたところ問題なく審査に通過できました。

 

ただ商品名はキャッシングであり、カードローンではないのでカードは発行されませんでした。
できればカードで利用したいと考えていたので、ここはちょっと残念な感じです。

 

 

 

キャッシングの利用枠は10万円であり、返済をすればその分だけ利用枠が空く仕組みでした。
利用枠内で繰り返し利用できるので、2万円ずつ5回にわけて借りることも可能です。

 

カードが発行されないのは不便だと思いましたが、
長い目で見てみるとこれでよかったと感じています。

 

追加融資を受けたいときは店舗まで行く必要があるので、
よほどの入用がなければ我慢するからです。

 

もしコンビニATMで気軽に借り入れできるカードローンなら、
自分の性格からしてソフトヤミ金で借りすぎていたかもしれません。